ビール酵母には癌の予防・改善効果が期待できますが、実際にどういうことなのでしょうか?ビール酵母だけではさすがに癌を治すことは出来ませんが、ビール酵母などの酵母類を接種することで癌の抑制には繋がることがわかっています。

ビール酵母で癌の予防・改善効果が期待できる!

ビール酵母が細胞性免疫を強化してガンを治す可能性が高いことがわかっています。ビール酵母に蜂蜜、それにレモンの合わせ技が癌を予防するのに効果的だという研究結果があるのです。実際にビール酵母のどんな効果が癌の予防や治療に効果的なのか?

それは酵母菌が乳酸酸性の環境でも強く生き残ること、ミトコンドリアを持っていること、酵母自体がビタミンやアミノ酸、核酸などを作れることで乳酸を消費する事ができるということと、様々な栄養素がバランスよく吸収しやすい形で存在していることです。

特に一旦酵母が吸収した栄養素達(ビタミンやミネラル)は、人間が吸収しやすい形になっているので、含有量は微量でも効率が良いので結果として、酵母から接種することがより多くの栄養素を活かすことが出来ることに繋がります。

酵母が乳酸を減らすこと、これ自体が癌の改善に非常に重要な意味があります。酵母の持つビタミンB郡やジクロロ酢酸、ミネラルなどが糖や乳酸の代謝を促進し、体内が乳酸で参加している状態から改善する効果があるだけではなく、人体にいるミトコンドリアの活性を高めることが期待されています。

実際の医療現場ではこういったことが認められることはありません。その理由は簡単です。酵母や蜂蜜の摂取で癌が治るということは、医療行為を行う機会が減り、それがそのまま医師の収入や医療業界の収入に繋がるからです。彼らは病気を作ること、治すことで収入を得ているわけですから、こういう情報はすべて隠蔽されます。

その証拠に酵母が細胞性免疫を強化してガンを治す可能性があるという研究結果が出ても、ガン治療はそんな甘いものではないと勝手に否定し、自分たちの行っている医療行為を正当化するのが業界のしきたりだからです。

ただ酵母が癌の予防や改善に効果があることは間違いありませんが、それだけでがんが治るということではありません。ミトコンドリア賦活・蓄積した乳酸の消去・酸化の還元という目的で使うことで、癌の予防効果が期待できるという感覚で捉えることが大切です。

癌などの病気は、様々な要因で起こりますので、酵母の強い効果だけでも治す事はできません。あなた自身の精神的な部分や肉体とのバランスなども重要なポイントですので、うまく活用することが大切です。


>>酵母酵素フリークの私を虜にする最強サプリ<<
私が考える酵母酵素サプリのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

スグに効果の分かりにくいものだから、酵母酵素サプリ選びの際にまずは私のレビューを参考にどうぞ!