ビール酵母にアレルギー反応を示す人がいます。ビール酵母アレルギーはそもそもなぜ起こるのか?どのような症状が出てしまうのか?対策することは出来ないのか?などビール酵母とアレルギーの関係性について紹介したいと思います。

ビール酵母アレルギーの症状と対策!

ビール酵母は主にビールを醸造する際に使われる酵母で、実際に商品化された際にはビールからはろ過して抽出されていますが、非常に高い効果効能があることで、健康管理やダイエット、美容目的でビール酵母サプリメントなどに加工されて販売されています。

しかしそんなビール酵母にアレルギー反応を示す人がいます。それはビール酵母に含まれるヒスチジンという成分によるもので。ヒスチジンは子供の発達に非常に重要な役割を担っているアミノ酸なのですが、過剰摂取することで血中濃度が上昇し、蕁麻疹や呼吸困難を引き起こすことが知られています。

アレルギー体質の人の場合、少量のヒスチジンの摂取でも痒みを感じる人がいますので、もしあなたがアレルギー体質であれば、ビール酵母サプリを摂取する前にアレルギーチェックを行って、ビール酵母を摂取しても問題がないかチェックする必要があります。

ビールアレルギーの症状は主にこの4つが考えられます。

・くしゃみと鼻水
・湿疹や蕁麻疹
・頭痛や吐き気
・喘息の発作

特にこれらの症状はビール酵母を口にした時だけではなく、普通にビールを飲んだ際に出る人もいますので、ビールを飲んだ後にこのような症状を毎回感じたり、体調不良が続くような場合には、ビール酵母アレルギーかもしれませんので注意が必要です。

しかし夏場のビールは美味しいのでつい飲みたくなるという人もいるかもしれません。そういった際には、最近はやりの第3のビールなど麦芽や酵母を原料に使用していないビールなどもありますので、それを飲んでアレルギーの状態を確認するというのも一つの方法です。

実際にビールアレルギーの場合には、ビール酵母・麦芽・アルコール・小麦などがアレルゲンになっていることもありますので、しっかりとアレルギーの原因を特定した上で、体にアレルギー反応の出ないものを選ぶようにします。

ビールアレルギー等の改善は、その人の症状や体質、体力の有無などにもよって症状の出方や改善のしやすさなどが変わってきますが、基本的には食事療法になります。アレルゲンを含んだ食事を取らないこと、規則正しい生活をすること、十分な睡眠時間を確保することが基本的なことです。

更にビール酵母以外の酵母などを口にすることで、小腸の消化吸収力を向上させ、体の免疫力を全般的に向上させることが大切です。酵母を摂取すると小腸に常在し、そこで酵素をどんどん生み出すことで消化吸収力をアップさせてくれますので、その結果免疫力が向上します。

ビール酵母にもその効果がありますが、ビール酵母自体にアレルギー反応がある場合には他の酵母で補完することができますので、酵母をうまく取り入れた食生活を目指してみてください。


>>酵母酵素フリークの私を虜にする最強サプリ<<
私が考える酵母酵素サプリのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

スグに効果の分かりにくいものだから、酵母酵素サプリ選びの際にまずは私のレビューを参考にどうぞ!