生酵素と酵母サプリメントがダイエットに効果的だという話がありますが、どちらの方がより効率的に痩せる事ができるのでしょうか?

生酵素の特徴、酵母サプリメントの特徴などを紹介しながら、より効率よくダイエットできる方法を紹介します。

この記事を読まずに生酵素を購入すると、後悔することになりますよ。

生酵素とはどのような特徴や効果があるのか?

生酵素とは、酵素を効率的に摂取できるように、最小限の加熱処理だけで、製造した健康食品のこと。

一般的に酵素は、加熱処理することで消失してしまうので、生酵素として摂取しないと、体内での効果が期待できないんです。

酵素の推奨摂取量は、野菜350gというのを聞いたことがあると思いますが、それに200gの果物も追加した量。

かなり大量に摂取しないと、酵素の持つダイエット効果や美容効果、健康促進効果を実感できないとされています。

そこで生酵素を飲むことで、効率的に酵素を摂取することが可能です。

生酵素には、下記3つの形状があり、それによって摂取できる酵素量が変わってきます。

  • 錠剤タイプ
  • ドリンクタイプ
  • 粉末タイプ

最近はドリンクタイプが人気ですが、実は清涼飲料として販売されるドリンクタイプは、60度以上の加熱殺菌処理を行われており、その影響で酵素が消失しているリスクがあります。

粉末も同様ですので、この中でおすすめできるのは錠剤タイプのみ。

酵母サプリメントの特徴や効果とは?

酵母サプリメントは、生きた酵母菌を摂取することを目的に作られたサプリメント。

口から摂取した酵母菌は、胃酸や体温で死滅してしまう事が多く、酵母サプリメントは酵母菌を独自手法でコーティングすることで、腸への到達率を高めています。

そうすることで、小腸まで生きた酵母菌が届き、そこで糖質をエサに発酵を行い、どんどん新鮮な酵素を生み出してくれるんです。

酵母菌と酵素の違いは、酵母菌がお母さんで、酵素が子供のような関係。

でも微生物の酵母菌に対し、酵素は物質。自らの力で増えることができないという特徴があります。

だから酵母サプリメントを選ぶ際には、どれだけ大量の酵母菌を腸に届ける事ができるのかが選ぶ際の重要な指標です。

生酵素と酵母サプリメントでダイエット効果が高いのは?

錠剤タイプの生酵素でも、胃酸や体温の影響を受け、どんどん消失してしまいます。

しかし酵母サプリメントは、強力にコーティングされ、生きたまま腸まで届けることが可能。

酵母菌と酵素の関係を考えても、体内で新鮮な酵素を生み出すことができる酵母サプリメントの方が、明らかに効果的なのは言うまでもない話。

だから私は、生酵素と酵母サプリメントでダイエット効率を比較するなら、間違いなく酵母サプリメントをおすすめします。

体内でどんどん新鮮な酵素を生み出すだけではなく、酵母菌のエサは糖質です。

糖質=炭水化物ですから、余分な炭水化物をどんどん分解してくれるので、食べた分をなかったことにしてくれる効果も。

酵素は体内での様々な化学反応に必要な物質ですが、それ自体が糖質分解効果があるというわけではありません。

だから実際の効果が異なるのは当然。

でも最近は読者モデルや芸能人などが、生酵素ドリンクで痩せたと広告塔になることで、多くの人が効果の弱い生酵素を購入している傾向があります。

実際の効果を考えると、明らかに酵母サプリメントの方が高いのですが、生酵素と酵母菌の違いを知らないと、そういう商品を購入してしまうこともあると思います。

もしあなたがその一人だったら、本当に残念な話。

口コミやレビューだけを信じずに、それぞれの効果を考えて選んだほうが良いですよ。


>>酵母酵素フリークの私を虜にする最強サプリ<<
私が考える酵母酵素サプリのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

スグに効果の分かりにくいものだから、酵母酵素サプリ選びの際にまずは私のレビューを参考にどうぞ!