酵母と酵素の違いって何なのか疑問に思っていませんか。単に効果が違うだけで呼び名が違うのか?それともそえぞれが全く異なるものなのかと酵母と酵素の違いについてわからない人もいると思いますので、簡単に紹介したいと思います。

酵母と酵素は違うものなので、当然効果も違います!

酵母と酵素は同じような効果があるように思われがちですが、じつは全く違うものなのです。しかも酵母は生き物で酵素はタンパク質という存在自体も異なるものなので、効果が違うのも当然です。

酵母とは、5〜10ミクロン程の非常に小さな微生物のことです。果物や食物、野菜や花、土の中や水中に住んでいるもので、植物だけではなく動物の皮膚や体内にも存在している微生物のことなのです。

酵母は糖分を分解してアルコールにする発酵を行うことは知られており、日本人に身近な酵母と言えば、日本酒やビール、味噌や醤油、パンなど様々な発酵食品を作る際に使用されています。

あとで紹介する酵素を生み出すのも酵母の仕業なのです。酵母が活動する際に必要な酵素を作り出し、それを体内に吸収することで様々な健康効果や美容効果が期待出来るだけではなく、酵素を生み出す過程で酵母が糖分を分解するので、ダイエットにも効果的だと考えられています。

体内に吸収された酵母は、その効果でどんどん新たな酵素を生み出します。通常、体内に取り込まれた乳酸菌などの細菌類は、2〜3日で体外に排出されてしまいますが、酵母の場合は一定期間小腸に留まることでより人体に効果的に作用します。

酵素とは、体内の反応を促進するタンパク質なので、微生物の酵母と違って生きているわけではありません。しかし体内では酵素がないと、食べ物の消化や吸収、代謝、排出など様々な部分で効果的に作用しています。

元々人体に存在している酵母が酵素を生み出す仕組みがありますが、加齢やストレスなどによって酵母や酵素の数が増減するので、最近は酵素ジュースなどで体内に取り入れる美容法が流行っています。

しかし酵素ジュースは清涼飲料水であるために、煮沸消毒が義務付けられており、実際に酵素が残っているものは殆どありません。だからもしあなたが酵素ジュースで痩せなかったとしてもそれはおかしなことではないのです。

酵母と酵素のどちらがより効果的なのか?これは酵母には酵素を生み出すことが出来るということを考えると必然的にわかると思います。しかも酵素は熱に弱く、胃酸にも弱いという特徴がありますので、人体にうまく取り込めないとせっかくの美容効果も健康効果も発揮できずに終わってしまうのです。

天然酵母の場合には、食物繊維で出来た熱い細胞壁に囲まれていることで、熱の変化にも強いですし、胃酸の攻撃にも耐えやすい性質をしています。しかも最近では、抹茶コーティングされ、胃腸に生きたまま届く酵母が生み出されるなど、どんどんその形が進化しています。

それだけではなく、実は酵母にはビタミンB群や必須アミノ酸、βグルカンなどの栄養素が豊富に含まれていますので、酵母自体の栄養素の高さが人体に与える影響も非常に高く、栄養源としても最近は注目されています。

このように酵母と酵素はそれぞれの効果や性質が大きく異なりますが、一番良いのは両方をバランスよく摂取することであるという考えかたもありますが、どちらかと言われれば間違いなく酵母の摂取が美容面でも健康面でもあなたにとって一番効果的であることは間違いありません。


>>酵母酵素フリークの私を虜にする最強サプリ<<
私が考える酵母酵素サプリのおすすめベスト3を下記ページで紹介しています。

スグに効果の分かりにくいものだから、酵母酵素サプリ選びの際にまずは私のレビューを参考にどうぞ!